Fitz Vaughan Bryan Orchestra - In The Poop (Kay)

ID O-0466
Price
(価格)

22,727円(税込25,000円)

Stock
(在庫)
1
Quantity
(購入数)


Very Very Very Rare !
1958年にリリースされた
Bad Instrumental Tune !

カヴァー曲を手がけることが多い彼ですが、
この曲は彼のオリジナルの曲で、
Carib Mood満載のJazzyなインスト曲。
Big Bandならではのゴージャスな演奏にやられます。



B面は、別曲。
「Cecil Fitt Calypso Combo - Too Much Smutt」
こちらの面は、Vocalに”Lord Blakie”を迎え、
ミディアムテンポのJazzyに乗せての
NiceなVocal曲。

“Lord Blakie”は、以前”Telco”のレコードの
Joey Lewis Orchestra - Maria”、そして
Richard ‘Boyie’ Lewis Orch. - Road March Recipe
の時に元ネタとしてご紹介させていただきましたので、
覚えている方もいると思います。

ここ最近はCalypsoのインストばかりを
ご紹介させていただいておりますが、
たまにはVocalものも良いですね。



両面良い感じです!
Double Sider !!!
これ以上ないくらいの奇跡のコンディション!
本当に見かけません!
“Kay”や“Cook”など
JazzyなCalypsoを集めている方には
是非チェックしてもらいたい1枚。
大推薦盤!!!



Condition :
[A面] EX-
盤の見た目は、スリーブの出し入れに起因する
スリキズがうっすらとありますが、
とてもキレいです!
音の方は、出だしの無音部分とフェードアウト後に
プレスに起因するジリ・プチパチがうすくありますが、
音の抜けが良く、全体的に良好です!
(試聴で確認してください)
[B面] EX-
盤の見た目は、A面と同様に、
うっすらとスリキズがありますが、
とてもキレいです!
音の方は、出だしの無音部分とフェードアウト後に
プレスに起因するジリ・プチパチがうすくありますが、
音の抜けが良く、全体的に良好です!
(試聴で確認してください)
UK Press



試聴はプレーヤーの再生ボタンをクリックしてください。
(試聴は両面ともに長めにしてあります)

New In