Israel Vibration - Feelin’ Irie (Ras)

ID R12-0106
Price
(価格)

2,273円(税込2,500円)

Stock
(在庫)
1
Quantity
(購入数)


Very Rare !
“Albert ‘Apple’ Craig, Cecil ’Skelly’ Spenceと
“Lascelle ‘Wiss’ Bulgin”の3人からなる
Rootsグループ “Israel Vibration”が
1996年にリリースしたアルバム
“Free To Move”よりシングルカットされた
Fire Reggae Vocal !

「are you feelin' irie
tell me you feelin' irie
lord
kinky reggae
rocking reggae
pon your block we deh play
roots rock reggae
hip hop reggae
block party here today
are you feelin' irie
this a weather so sweet
the sun is shining
check the vibes upon the street
the sun is shining
and this a weather so sweet
you're feelin' irie
you check the vibes upon the street ~」
と歌い始める、明るいNiceなReggae Vocal !

曲が収録されているLPのクレジットを見ると、
バックバンドは”The Roots Radics”で、
Bassの”Errol ‘Flabba’ Holt”をはじめ、
Lead Guitarに”Dwight Pickney”
Rhythm Guitarに”Steve Golding”
Keyboardに”Robbie Lyn”
Drumsに”Carl ‘Bridge’ Ayton”
Horn Sectionには”Dean Fraser” “Junir ‘Chico’ Chin”
“Ronald ‘Nambo’Robinson”、
Percussionには”Sky Juice”など、
錚々たる面子が参加しています。


DJ・Selectorの方にはネタ的にも
かけやすいと思います。
どんなSituationでも活躍する曲。
90’sや、最近のRevival Rootsなどと
混ぜてPlayしても良いと思います。


A面は、3曲収録されており、
2曲目はDJ Cut。
「Israel Vibration feat. Brigadier Jerry - Feelin’ Irie (DJ Version)」
こちらは、今でも現役でバリバリ活躍する
ベテランDJのブリギーこと”Brigadier Jerry”が絡む
Wickedなテイクです。
オススメ!


A3は、Version。
「Israel Vibration - Feelin’ Irie (Instrumental Version)」


このグループは、当店では
Why Worry”、”Same Song”、
そして”Why You So Craven”などの曲を
過去にご紹介しましたので、
覚えている方も多いと思います。



B面は、同曲のDubwiseが3曲収録されています。
B1は、USのエンジニア”Jim Fox”が手がけたDubwise。
「Israel Vibration - Feelin’ Irie (Fox Dub)」
派手なエフェクト等はありませんが、
”Errol ‘Flabba’ Holt”が演奏するベースが強調され、
良い感じにMixされています。


B2は、UKの天才エンジニア”Mad Professor”が
手がけたDubwise。
「Israel Vibration - Feelin’ Irie (Mad Dub)」
エフェクトが良い感じに効き、
とても良い感じです。
是非爆音で聴いてもらいたい!


B3は、あの”Scientist”が手がけたDubwise。
「Israel Vibration - Feelin’ Irie (Scientific Dub)」
こちらも良い感じにエフェクトが効いた、
BadなDubwise !


三者三様と言った感じで、甲乙つけ難く、
どれも良い感じです。
(個人的にはB2をオススメします)
(それぞれの曲間は短めです)



両面良い感じです!
Double Sider !!!
あまり見かけないと思います。
当時コンシャスなレゲエが流行していましたが、
ダンスホールシーンでは、
シンガーでは“Luciano”など、
DJでは”Sizzla”や”Capleton”、
”Anthony B”などが注目されていましたので、
この曲をスルーしていた方も多いと思います。
7inchもリリースされていますが、
B面が1曲しかなく、他のMixはこの12inchでのみ
聴くことができます。
明るめのFine Reggaeが好きな方や、
Dubwiseが好きな方、
何か踊れる曲をお探しの方には
是非チェックしてもらいたい1枚。
推薦盤。



Condition :
[A面] VG ~ VG(OK)
盤の見た目は、音には影響しない
スレ・スリキズがうすくありますが、
ぼちぼちキレいな方だと思います。
音の方は、全体的にうすくジリ、
所々でプチパチがうすくあります。
音の抜けが良く、全体的に良好です!
(試聴で確認してください)
[B面] VG- ~ VG
盤の見た目は、うすいスレ・スリキズがあります。
(擦ったようなスレがやや目立ちますが、
音には全く影響しません)
音の方は、全体的にうすくジリ、
所々でプチパチがうすくあります。
音の抜けが良く、全体的に良好です!
(試聴で確認してください)
US Press ?

* 保管に起因するStorage Bendが
ホンのわずかありますが、
全く問題ありません。



試聴はプレーヤーの再生ボタンをクリックしてください。
Sample (A面全て1分づつ入ってます)

Sample (B面全て1分づつ入ってます)

New In