Ashford & Simpson - I’ll Be There For You (Capitol Records)

ID O-0433
Price
(価格)

800円(税込880円)

Stock
(在庫)
1
Quantity
(購入数)


Rare Jamaican Press !
USのシンガーデュオ
“Ashford & Simoson”こと
“Nickolas Ashford”と“Valerie Simpson”が
1989年にリリースした
Sweet Duet Vocal !

「I know you're scared
cause I don't have the image
of a hero
but no matter what comes our way
or what we go through
I'll be there for you
and I can't say
that I can satisfy your
every needs
but you must know this
through your tears and fears
I care
and there ain't nothin' we can't share
I'll be there for you
all you do is call
I'll be there for you
I'll be there, be there when you fall
when the world is closin' in and
there's no one you can turn to
I'll be there for you ~ 」
と歌う、ステキなラヴソング。

同年にリリースされた彼らのLP
“Love Or Physical”からシングルカットされた曲。



B面は、別曲。
「Ashford & Simpson - Way Ahead」
こちらの面は、PopなDisco Vocalで、
1986年にリリースされた彼らのLP
“Real Love”からのシングルカットされた曲。
いかにも80’sな音が今では新鮮に聴こえますね。


この2人は夫婦で、
シンガーとしてだけでなく、
ソングライター・プロデューサーとしても
“Marvin Gaye”や”Diana Ross”、
そして”Chaka Khan”などにも曲を提供しています。



US盤やヨーロッパ盤など
いろんな国からリリースされていますが、
ジャマイカ盤はレアです。
“Rae Town”や”Black & White”などのダンスや
“Kool 97”などでPlayされる曲がお好きな方や
Soul・Discoファンには是非チェックしてもらいたい!
推薦盤。



Condition :
[A面] VG+ ~ VG++
盤の見た目は、うっすらとスレ・スリキズありますが、
とてもキレいです!
音の方は、全体的にうすくプレスノイズ、
中盤後に点のような小キズがあり
その箇所で2~3回ポツっとノイズがあります。
出だしの無音部分で1回サッとノイズがあり、
フェードアウト時にプレスに起因する
ジリノイズがあります。
音の抜けが良く、ベースも太めで、
全体的には比較的良好な方だと思います。
軽くOff Centreしていて、
Playに影響あるかもしれません。
(前半部分は試聴で確認してください)
レーベルにうっすらスレあり。
[B面] VG+
盤の見た目は、うすいスレがありますが、
比較的キレいな方だと思います。
音の方は、全体的にうすくプレスノイズ、
所々でプレスに起因するプチパチがうすくあります。
音の抜けが良く、音圧もあり、
全体的に良好です!
Playには影響ありませんが、
ホンのわずかOff Centreしてます。
(試聴で確認してください)
レーベルにうっすらスレあり。
保管に起因するStrorage Bendが
ホンのわずかあります。
(Playには全く影響ありません)
Jamaica Press



試聴はプレーヤーの再生ボタンをクリックしてください。
(試聴は両面ともに長めにしてあります)

New In