Funk Connection - Funky Soule In Abaco (Private Press ?)

ID O-0430
Price
(価格)

6,500円(税込7,150円)

Stock
(在庫)
1
Quantity
(購入数)


Very Very Rare !
1980年にリリースされた
Bad Funky Soul Disco Vocal !

出だしからVibes全開な、
踊れるParty Tune !

上ネタはSocaなのに、
ベースラインはFunkのような
ドス黒く野太い、流れる様な感じで、
まさにクロスオーバーされた、
最初から最後までめちゃカッコ良い曲です!

レゲエの数々の名曲を手がけた、
あの”Steven Stanley”がこの曲のエンジニアを担当。

タイトルにある”Abaco”とは、
“Bahama”の首都”Nassau”がある
“New Providence Island”の北にある島
“Great Abaco Island”のことだと思います。



B面は、表記は同じですが、Part. 2。
A面の最後に入っているオルガンからの続きで、
こちらも踊れます!

12inchは残念ながらリリースされてませんが、
もしあったら即買いです!
A・B面通しで聴きたくなります。


この”Funk Connection”というグループの詳細は
リリース量が少なく、不明ですが、
資料によると、
Lead Vocalの”Garnette Stuart”を含めた
4人組のグループとなっています。
この盤はプライベートプレスだと思われます。

クレジットにある”Compus Point”というスタジオは
あの”Island Records”の”Chris Blackwell”が
1977年に設立した名スタジオです。
(残念ながら2010年に閉鎖)



両面良い感じです。
Double Sider !!!
先でも述べましたが、
おそらくプライベートプレスだと思われますので、
プレス数はかなり少ないと思います。
オークション等でも見かけません!
ジャマイカ以外のカリブの国々の音楽に
興味のある方、
Soul・Discoが好きな方や、
何か踊れる曲をお探しの方には
是非チェックしてもらいたい1枚です。
大推薦盤!!!



Condition :
[A面] VG(OK)
盤の見た目は、うすいスレ・スリキズがあります。
音の方は、うすくジリノイズ、
出だしの無音部分から前半にかけて
1本やや深めのキズがあり、
その箇所でうすくポツパチとノイズが出ます。
その後は音の抜けが良いので、良好です!
Playには全く影響ありませんが、
ホンのごくわずかOff Centreしてます。
(試聴で確認してください)
[B面] VG+
盤の見た目は、うっすらとスリキズありますが、
比較的キレいな方だと思います。
音の方は、出だしでうっすらとジリノイズありますが、
音の抜けが良く、全体的に良好です!
(試聴で確認してください)
Bahama Press



試聴はプレーヤーの再生ボタンをクリックしてください。
(試聴は両面ともに長めにしてあります)

New In